地平線の彼方に

d0021488_22313553.jpg
天気の良い日、自宅からちょっと歩いて15分ほど小高い山を登れば、こんな景色が目の前に広がる。標高600メートルの高尾山からの眺望には及ばないが、それでも近所の団地を見下ろし、その向こうに広がる多摩丘陵を見渡すことができ、そして地平線の彼方には都心の高層ビルの林立を眺めることができる。

視力1.5の目には、肉眼でも新宿の都庁やパークハイアット、池袋のサンシャイン60や六本木ヒルズなどは見分けがつく。強風が吹き荒れた昨日の日曜日には、横浜のみなとみらいの向こうに房総半島まで見えた。この眺めは、空気が澄む冬の楽しみのひとつだ。

東京でも東の方に住んでいた頃は、高い場所で山が見えるのが楽しみだった。富士山が見えた日には、思わず「ラッキー!」と叫んでいた。今は前山である高尾山に近いせいで、富士山は残念ながら自宅周辺で眺めることはできない。逆に都心の高層ビルを遠くに眺めることに。
d0021488_23171661.jpg
左側に一本だけスッと立っている白いビルがあるのが池袋、高層ビルが固まっているのが新宿副都心、そのちょっと右の、光る太いビルが六本木ヒルズ。まるで「あの山が安達太良山、あの光るのが阿武隈川…」と故郷の景色を眺めて話す高村光太郎の妻・智恵子…のようである。(笑)

ランドマークとなるビルを識別しながら、場所の同定をするのは楽しい。そして、そこで暮らす友人・知人に思いを馳せるとき、東京の西の端から、「おーい!」と声を出して呼びかけたくなるのだ。
d0021488_1162738.jpg
多摩丘陵の向こうに都心の高層ビル群が見える
d0021488_118774.jpg
横浜みなとみらいのランドマークタワー(地上70階建)も橋本の高層マンションの向こうに。その先の山は、なんと、房総半島!
[PR]

by osanpocamera | 2007-01-08 22:35 | 風景 | Comments(2)

Commented by はな at 2007-01-09 12:54 x
私も今年2回も富士山狙っているのですが、姿見せてくれないですね!3月位まではチャンスあると思うのでなんとか勇姿見せてほしいと期待してるのですが。
Commented by osanpocamera at 2007-01-09 16:19
はなさん、こんにちは! 都心から富士山が見える日が一番多い月は、やっぱり1月です。強風が吹いた翌日の早朝なんかは確率高し…ですよ。早起きしてスポットに出かけてみては?