南アルプス・悪沢岳に登る

d0021488_08011207.jpg
▲PHOTO:2017/09/08 悪沢岳頂上手前付近

この夏、念願だった南アルプス南部の山、日本百名山のひとつでもある悪沢岳(標高3,141m)に登った。
この山には、どうしても登りたい理由(そのワケは長くなるので、また別の機会に)があった。

アプローチの長い南アルプス南部の3,000m峰に登ることなど、夢のような話…と思っていた。そんな悪沢岳に、登山の拠点となる静岡県大井川上流の椹島(さわらじま)から、さらに上まで車で移動してから登山をスタートさせる…というツアーがあることを知り、このコースなら今の自分でも十分登れる!…と、夫に相談したら「いいよ!」という嬉しい返事をもらい、一も二もなく申し込んだ。

当初は8月27日に出掛ける予定だった。しかし、8月7日に右足薬指を骨折してしまい、びっこを引いた足ではトレーニングもままならず、ツアーは参加するのは無理か…と半分あきらめかけていたところ、ツアーの申し込みが多く、9月にも追加で同じコースのツアーが組まれるという幸運。8月の分はキャンセルし、9月の方に延ばしてもらい、8月の間は、ひたすら足が治ることを祈っていた。

怪我をしてから、ちょうどひと月経った9月7日には骨折の痛みも和らぎ、出発10日前の整形外科の先生の「行って来てください」の声に励まされ、無事に出掛けることができた。3日前に高尾山に登った(この時には、まだ少し、痛みが残っていた)きりのトレーニングに多少の不安もあったが、下山するまで右足が痛むことなく、無事に登って来れたのはラッキーというしかない。


                   *


登山前日の9月7日に新宿を朝8時に出発。バスに揺られて8時間(途中、何度か休憩)、静岡県大井川の上流の椹島(さわらじま)のロッジに着いたのは、午後4時のことだった。

翌朝は朝食が5時、そして6時にはデリカに乗ってロッジを出発。途中、車は椹島から歩いて行く人を追い抜いて行く。

d0021488_08141369.jpg

そんな自分たちが、安直で狡い登山をするような後ろめたさにも似たようなものを多少感じながら、車に1時間半揺られ、登山をスタートさせたのは7時半頃、標高2,300m付近からだった。

スタート地点手前の標高2,140mの見晴し台からは、赤石岳と悪沢岳がよく眺められた。この時は雲がかかっておらず、どちらの山もよく見えて、二つの岳の間にある赤い屋根の荒川小屋も肉眼で見ることができた。
d0021488_07593783.jpg
▲見晴し台から眺めた赤石岳(3,121m)

d0021488_07582261.jpg
▲同じく見晴し台から眺めた悪沢岳(3,141m)

d0021488_07324832.jpg
▲千枚岳(2,880m)にて

d0021488_07550110.jpg
▲千枚岳山頂にあった三等三角点。その向こうに悪沢岳手前の丸山が見える

d0021488_07320576.jpg
▲千枚岳を過ぎて悪沢の頂上が見えたあたりでは青空も広がる。右手前はガイドのSさん

d0021488_08142407.jpg
▲千枚岳から丸山までの間は、お花畑が広がる

d0021488_22230971.jpg
▲悪沢岳山頂手前の地点では巨岩があったり、赤石山脈たるゆえんの赤い岩がゴロゴロ


あいにく天候は曇りで、悪沢岳の頂上に着いても雲に隠れて周りの山は一切見えず、期待していた360度のパノラマは望むべくもなく、とても残念でした。

d0021488_08254491.jpg
▲悪沢岳(3,141m)山頂にて(千枚小屋で買った悪沢岳Tシャツを着て)

d0021488_07325696.jpg
▲背中のオコジョのイラストがかわいい悪沢岳Tシャツ

でも、雨に降られること無く登頂出来たし、千枚小屋から富士山が眺められたのが、せめてもの慰めでした。雨に降られなかったので、それで良しとしなければなりませんね。

d0021488_07283191.jpg
▲千枚小屋の前からは富士山が見えた

添乗員さん含め、総勢14名にガイドの方が3名。その点では、とても手厚い、恵まれたツアーでした。添乗員さんと3名のガイドの方々には本当にお世話になりました。無事に登って来れたのも、みなさんのおかげです。ありがとうございました。

ひと月前に右足薬指を骨折。そんなわけで、ツアーまでの間、ろくにトレーニングもできず、3日前に高尾山に登ったのがせいぜい。

登山前日の夜、宿舎では、よく眠ることができず、24時過ぎには目が覚めてしまい…。結局、睡眠時間は、たった3時間で登山に臨むことに。

そんな状況だったにも関わらず、事故も無く、無事に登って来れたのは本当に良かった。

[PR]

# by osanpocamera | 2017-09-24 21:06 | | Comments(0)

8月に見た夕陽

今年の夏は変な天候だった。8月は日射しのある日が殆どなく、下旬に僅か数日、太陽が顔を出しただけだった。

写真は、8月24日に八王子に出掛けて高尾に戻る際、JR八王子駅ホームで撮影したもの。この日、夕陽を見たのは本当に久しぶりで、ホームがオレンジ色に染まった瞬間、なんだか嬉しくなってシャッターを押した。

d0021488_23543575.jpg
PHOTO:2017/08/24


この日から、もう、ひと月近くが経とうとしている。何も記録に残さないまま、時が過ぎてしまい、月日の経つのが本当に早く感じてしまう今日この頃。
2017/09/21




[PR]

# by osanpocamera | 2017-09-21 23:02 | 風景 | Comments(0)

40数年ぶりのサーカス

d0021488_04100867.jpg

先週の金曜日には、横浜みなとみらいで開催中の「木下サーカス」を、小学生の時以来、じつに40数年ぶりに観た。入場券が一世帯に1枚ずつ、横浜市内に勤務する夫の職場で配られた。そんなわけで、わたし独り行ってみることに。

観客の笑いを誘う道化師、猛獣たちの曲芸、空中ブランコにジャグリング、球体の網の中を走るバイク…と、殆ど昔と変わらない演目もあったけれど、「地上15m決死の新空中大車輪」は、見ていて本当にハラハラドキドキで、一歩間違えれば大事故になりかねないショーもあって、よくもまあ、あんなことを簡単そうにやってのけるものだと、スリル満点のショーには驚いた。

大きなライオンたちが7頭、まるで借りて来た猫のように、ちょこんと狭い台の上に乗っておとなしくしている。後ろ足だけで立ち上がり、前脚を上下させ、調教師の指図に従っている姿は、生気を失っているようにも見えた。また、小ぶりの像が1頭、奇麗な衣裳を着たおねえさんたちを乗せて登場したが、後ろ足だけで歩いたりして、これまたビックリ! こんなふうに生きるしかない動物たちには、哀しみを感じずにはいられなかった。

鉄骨にワイヤーが張り巡らされた円形のテントの中で、即席で舞台に網の囲いをセットするスタッフの見事な早業。演じるキャストとスタッフの数は、総勢100人余りという。キャストの中には外国人も多い。全国を転々としながらの興行。鍛えられた肉体を駆使し、危険な技を披露して、喝采を浴びる。一日に何度も繰り返される、その技は鍛錬の賜物だ。

華やかなスポットを浴びる影で、どれだけの汗が流されてきたのか。危険と隣り合わせの演技での笑顔の裏に隠された、舞台裏での練習を想像しただけで頭の下がる思いがする。
この先も、事故が無いことを願うばかりだ。

帰りの道では、沿道に植えられたツツジの花の香りが、季節が動いていることを感じさせた。
この週末からは、もう、ゴールデンウィーク。

d0021488_04120956.jpg

写真:2017年4月21日撮影[横浜市みなとみらい



[PR]

# by osanpocamera | 2017-04-27 04:14 | 展覧会 | Comments(0)

すてきな標識

高尾駅北口で待ち合わせて、八王子城址辺りを歩こうとKさんと出掛けたのは3日前の19日。
高尾の緑も、いよいよ本番に。いまがイチバンいいときかも。

d0021488_11494257.jpg

道中で目についたのは、こんなGoodな標識▼

d0021488_11462334.jpg

▼コレなんかも判りやすくて、楽しくて、いいよね!

d0021488_11461448.jpg

▼この看板の先には、本当に見晴らしのいい場所で、最高の景色が待っていました!

d0021488_00003034.jpg

▼この「大六天」という場所。最新の地図にも載ってました。
景色がサイコー! 疲れも吹き飛んじゃいます。


d0021488_00002406.jpg

▼この先に見えるのは、恩方町に通じる川原宿

d0021488_00003471.jpg

この景色が見られるのも、あと数年。植林された木が大きくなったら、もう見えないね

d0021488_00003906.jpg

こんな標識があると本当にありがたいし、助かるね。設置してくれた人に感謝!




[PR]

# by osanpocamera | 2017-04-22 11:55 | 散歩道 | Comments(0)

草戸山

2016/10/14

高尾周辺でも、まだ登ったことのない山がたくさんある。友人のKさんと歩いた草戸山から梅の木平に出るコースは、気軽に歩けて気持ちの良い登山となった。

10:30=高尾・高乗寺で待ち合わせ
12:18=草戸峠
12:30=草戸山到着
13:35=梅の木平
14:10=高尾山IC
14:20=高尾山口 高尾599ミュージアム

写真で振り返ってみたい。

d0021488_21115730.jpg
▲ 草戸峠

d0021488_211392.jpg
草戸山は標高364m。約2時間の登山

d0021488_2112019.jpg
ここは東京都町田市で一番標高が高い場所

d0021488_18584950.jpg
アサギマダラがアザミの蜜を吸っていた

d0021488_20383832.jpg
下りの道


d0021488_18591552.jpg
d0021488_19133825.jpg
梅の木平
d0021488_19171449.jpg
この辺りではツリフネソウが群生していた


写真:2016年10月14日撮影




[PR]

# by osanpocamera | 2016-10-17 21:17 | | Comments(0)

バスの窓から見える山

先週の金曜日は、中央道の高速バスの高山行きに乗って、一路、飛騨をめざした。
乗り場の八王子バス停からは、大岳山がよく見えた。
d0021488_1057396.jpg


新緑の中を走るバスの車窓は、フレッシュなグリーンでいっぱい!
d0021488_10571931.jpg


大月では期待通り、富士山が見えてヤッホー!な気分♪
d0021488_10572920.jpg


甲府盆地の真ん中では、南アルプス白峰三山が見えて、きょうもラッキー!
d0021488_10573923.jpg


南アルプス北部の山々も…
d0021488_1058331.jpg
d0021488_10581480.jpg
d0021488_10582215.jpg
右の尖った山は地蔵岳、左の山が観音岳。

八ヶ岳もしっかり裾野から見えて気分爽快!
d0021488_10583348.jpg


白い頂の山が見えてくると、わけもなく嬉しくなる。じっくり眺められないのが残念だけど、自家用車よりも高い視点で見られるバスの旅は、また格別だ。
[PR]

# by osanpocamera | 2016-04-29 11:03 | | Comments(0)

漫画の聖地

3月に念願だった石巻に行って来た。仙台から石巻までを走る仙石線、じつは昨年の5月にようやく全線復旧したとのこと。震災から4年も経って、ようやく復旧だなんて、その間、沿線の人々は随分と不都合なことだったろう。そんなことも、自分は知らずにいた。
d0021488_14224687.jpg
石巻駅のホームに降り立ったときから、そこは「漫画の聖地」という雰囲気だった。
d0021488_1423557.jpg
改札の手前では、仮面ライダーやサイボーグ009のキャラクターの人形がお出迎え。
d0021488_14595630.jpg
d0021488_150122.jpg
駅前の通りから沿道には石ノ森章太郎さんの漫画のキャラクターたちの像が歩道に立っていて、石ノ森萬画館までを先導してくれるから道に迷うことはない。
d0021488_14345131.jpg
d0021488_1459686.jpg
d0021488_14584348.jpg
震災の痕が、あちこちにまだ見受けられ、通りを歩く人影はまばらだったが、石ノ森萬画館だけは人がいっぱいで活気があった。
d0021488_1458544.jpg
d0021488_14261388.jpg
d0021488_21470809.jpg

[PR]

# by osanpocamera | 2016-03-26 03:09 | 風景 | Comments(2)

笹子の名所

富士山が見える…というだけでウレシくなるワタシ。この日は、山梨の実家に行く途中、笹子餅を買う為に中央道を大月ICで降りた。大月では、雪を頂いた真白い富士を見ることができて、ラッキー!
d0021488_1226736.jpg
▼大月インターを降りて、20号沿い約10kmの地点に笹子餅のみどりやさんがある。
d0021488_12262571.jpg
▼ここで、10個入りの箱を2つ買った。
d0021488_12264512.jpg
▼みどりやさんの手前には笹一酒蔵も。
d0021488_225633.jpg
▲時間があったら酒蔵の見学も、ぜひ、したいところ。
d0021488_2251973.jpg
▲ドライブインのようなお店の酒遊館。
d0021488_1361191.jpg
▲中に入ったら、こんな素晴らしい看板が! 
d0021488_1363256.jpg
▲食堂もありました。甘酒も飲んでみたかったな〜
d0021488_137390.jpg
▲笹一のマークの巾着袋。欲しくなっちゃう!
d0021488_137468.jpg
▲大きくて厚みもある揚げがドドーンと乗ってるきつねそば。これで500円ナリ!
[PR]

# by osanpocamera | 2016-03-08 12:27 | | Comments(0)

ネコに注意!

最近、よく行くベーグル屋さんの入り口にあるのが、この看板。可笑しいですよね。「ネコが急に飛び出すかもしれないので注意してください」ってことなんだけど。こんな看板があったら、この家、ネコがいるのね!って楽しくなりますね。
d0021488_1373176.jpg

[PR]

# by osanpocamera | 2016-03-02 13:08 | ねこ | Comments(0)

「ワンマンカー」って!

久しぶりに乗ったJR身延線で、戸惑ってしまったことがありました。
既にほとんどの駅が無人駅となってしまった身延線では、乗車駅を証明するために、ワンマンバスのように、乗車時に整理券を取るようになっていたのです。そのため、乗り込むドアは1カ所だけ。

そんなこととはしらずに、甲府駅での乗り換え時は前の車両に乗った方がいいなと考えて、1両目が停まる位置にいたら、乗り込めないことが判り、慌ててドアが開いた位置に走りました。
乗車したドアの入り口には整理券を発行する機械が置かれていて、駅名の印字がある紙を取りました。

いつのまにか、こんな方式に変わっていたとは! 知らなかったなー 
d0021488_9444879.jpg
甲府に向かう途中の善光寺駅のホームには、こんな看板が掛かっていました。
「こういうのを全部の駅にも置いてくれなくちゃ、わからないじゃないの!」
と、わたしは内心怒りながら写真を撮りました。

d0021488_945692.jpg

[PR]

# by osanpocamera | 2016-02-26 09:45 | Comments(0)