カテゴリ:高尾( 11 )

TAKAO 559 MUSEUM

高尾の自然を紹介している高尾山口にあるミュージアムです。館内には動植物の標本が並び、それらを眺めるだけでも楽しい。高尾山に登った後、ここで休憩しても良し、山に登らなくても、ここで高尾の自然を学ぶのも良し。椅子とテーブルがあって、誰でも自由に休めます。本格的なコーヒーを淹れてくれるショップもあります。(入場無料)※ネコの日(2/22)はお休みだそうです。
写真:2016/02/10
d0021488_04715.jpg
▲ミュージアム入り口です。599という数字は、高尾山の標高を表しています。
d0021488_0464977.jpg
▲高尾周辺の動物の剥製が一堂に。定時になると、この壁にプロジェクションマッピングが上映されます。
d0021488_0434032.jpg
▲この間登った小仏峠、こんな程度の高さだったのか…。たいしたことないじゃん。この次は、景信山にチャレンジしてみよう!
d0021488_045327.jpg
▲蝶もいろんな種類がたくさんありました。
d0021488_0462214.jpg
▲オオスズメバチの群を抜いた大きさには驚く! 高尾山でホンモノを見たことがありますが、プラスチックのおもちゃに見えて仕方ありませんでした。
d0021488_0451917.jpg
▲ブローチにしたくなるようなカナブンの標本。
d0021488_0455246.jpg
▲昆虫の世界では♀の方がビッグ!
d0021488_0453336.jpg
▲カマキリも然り!
d0021488_044886.jpg
▲カブトムシ、クワガタ、カミキリムシ、アサギマダラが羽を広げて飛ぶ様子が再現されています。

d0021488_0432111.jpg
▲ミュージアムの外も遊べる空間です。
[PR]

by osanpocamera | 2016-02-19 06:05 | 高尾 | Comments(0)

丘陵の秋

d0021488_7114534.jpg
わが家の近くには、高台に登ると都心に向かって広がる多摩丘陵が一望できる場所がいくつかある。
この場所からは近くの団地全体が見渡せ、その先に多摩丘陵が広がっているのがわかる。

どこもすっかり、“秋”に包まれている。
[写真:GX200/2009年11月29日撮影/高尾]
[PR]

by osanpocamera | 2009-11-30 09:31 | 高尾 | Comments(0)

避暑地の趣

d0021488_9234060.jpg
ここは、どこでしょう? 長野県の、とある場所…ではありません。

じつはココ、うちの近所の大学のグラウンド!なんです。でも、周囲を山に囲まれて、どこか避暑地のグラウンド…といったかんじでしょう?

広い人工芝のグラウンドでは、アメフトの練習の声だけがこだましていた。

[写真:iPhone 3G/2009年9月3日撮影/八王子市]
[PR]

by osanpocamera | 2009-09-06 09:25 | 高尾 | Comments(0)

コスプレ・サトちゃん

d0021488_2226588.jpgこのピンクのゾウさんは、ご存知、佐藤製薬(高尾に工場があります)メインキャラの「サトちゃん」の兄妹キャラである「サトコちゃん」。

ピンクのサトコちゃんは「あら! どうしたの?」と言っているようで、親しみがある。

先月、口の中、ノドの辺りに違和感を感じ、医師の診察を受けた後、処方された薬を受け取りに寄った高尾駅前の薬局内で並んでいたもの。

口の中の炎症は、処方された薬を飲んだら、一週間もしないうちにすっかり治ってしまった。やっぱり、お医者さんに診てもらってよかった。

d0021488_22305845.jpg
病気の時は、気分も落ち込みがちになるが、こんなときに、サトちゃんやサトコちゃんのような明るいキャラが目の前にあれば、慰められるというもの。

スワローズやソフトバンクのユニフォームを着たサトちゃんたちは、

「早く良くなって、いっしょに野球やろうぜ!」

なんて言ってるようだし、白衣のドクター:サトちゃん&ナース:サトコちゃんは、

「おだいじにね!」

と言っているようである。
d0021488_22312297.jpg

[写真:iPhone 3G/2009年5月20日撮影]
[PR]

by osanpocamera | 2009-06-12 22:25 | 高尾 | Comments(0)

どんど焼き

お正月飾りを焼いて、無病息災を祈る「どんど焼き」が、この前の日曜日、団地の自治会主催で行われた。わたしたちも正月飾りを持って、忙しい合間だが、公園に足を運んだ。
d0021488_14304713.jpg
こういう風習が、この辺りではまだ残っている。八王子は地方と都会の中間…ということを実感する。

餅つきをし、みんなでつきたてのおもちをいただく。甘酒や豚汁も振る舞われた。こういった行事を行うことは、地域のコミュニティー形成に大いに役立っていると思う。

いつもは餅つきにも参加するのだが、今年は遅い時間に出てきたので眺めるだけだった。

久々に前の住居でお隣だった方たちと言葉を交わす。すぐご近所でひとり暮らしだったお年寄りが、最近ホームに入居したことを知った。つい、4日前のことだった。

年が明けて、その方の家の前を通ったとき、ひと声かければよかったね…と夫と話した。奥様を亡くされて、「一周忌を過ぎるまでは、今の家でがんばる」…とおっしゃっていたとのこと。その方の、温和な笑顔が頭に浮かんだ。

今年も「無病息災」の一年でありますように。
d0021488_14315921.jpg

[camera:RICOH GX200/2009.1.11撮影]
[PR]

by osanpocamera | 2009-01-15 14:16 | 高尾 | Comments(0)

大雨の爪痕

先週の大雨では八王子の被害状況が報道されたため、いろんな方から電話やらメールでご心配をいただきました。被害のあった場所は、うちにも近い場所ですが、幸いわが家は高台の平らな場所にあるため、庭に水たまりができたくらいで特に被害はありませんでした。ご心配いただいたみなさま、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

きょうは、被害のあった場所のその後が気になるので、歩いて行ってみることにしました。
d0021488_16581448.jpg
テレビで報道された場所はだいぶ片付いていましたが、大雨の爪痕は、まだまだたくさん残っていました。ここは報道された被害のあった場所の上流に位置する所。支流の沢もかなりの水量だったとみえて、この川に合流する部分の堰堤が壊れていました。
d0021488_1735428.jpg
昭和10年に架けられたこの小さな古い橋はなんとか無事でしたが、欄干のコンクリートが剥がれていました。そして橋の位置に敷かれていたアスファルトが大量の水で剥がれ、押し流されて移動していました。写真のこのお宅は床上浸水し、まだ後始末が終わっていない様子でした。
d0021488_16363890.jpg
近所にある霊園の犬猫墓地を見に行ったら、土砂が流れて、ご覧のようなありさま!
d0021488_1636367.jpg
このように土に埋もれてしまった墓石がたくさんありました。お墓の持ち主は、おそらくご存じないに違いありません。報道されないけれど、このような被害は、けっこうあちこちであったのかもしれません。合掌。

ここの霊園の被害はこの犬猫墓地の部分だけで、近くを流れる川の反対側にある一般の墓地の方は、被害がなかったようです。
[PR]

by osanpocamera | 2008-08-31 16:36 | 高尾 | Comments(0)

謹賀新年

d0021488_14482126.jpg
今年も高尾山に初詣でに行ってきました。きれいな装束のお坊さんたちに遭遇した…というだけで,御利益がありそうな気になるから不思議です。

今年もよい年になりますように。
[Canon EOS 20D, EF-S 60mm f2.8 USM ]
[PR]

by osanpocamera | 2008-01-06 14:48 | 高尾 | Comments(4)

めぐる季節

d0021488_2026951.jpg
久しぶりにカメラを持って,近所を散歩した。ついこの間まで,「新緑の季節だなあ〜」なんて思っていたら,いつの間にか,もう「新緑」でなくなっていた! 多摩丘陵を眺められる小高い場所に立つと,そのことがよく分かる。

もう黄緑の新緑ではなく,濃緑…になってしまっていた(空が曇っていたせいもあるかもしれないけど。陽射しがあったら,もっと明るい緑だったろうけど)。

それにしても……
めぐる季節の,なんと早いこと!
[PR]

by osanpocamera | 2007-04-26 19:23 | 高尾 | Comments(6)

雪景

d0021488_17113131.jpgこの冬、初めての積雪は11センチありました。先週末に降った雪は、高尾をまるで“雪国”のような趣に。

こんな時は、こたつに入ってぬくぬくして、丸くなっていたかったのですが、もう、このところはずっと出ずっぱり…でありました。

でかけるときは、もちろん、長靴! 駅近のマンション等に住むなら別ですが、“けもの道”を通って駅に辿り着く今の暮らしでは、長靴は無くてはならない「必須アイテム」なのであります。d0021488_19262686.jpg

ちょうど雪が降った21日は大学入試のセンター試験の初日。受験生の諸君も大変でしたね。足許が濡れていちゃ、気になって大変です。長靴で会場の大学に向かった受験生はどれくらいいたんだろう?

八王子駅のホームの端っこで、「鉄っちゃん」よろしく、電車がホームに突っ込んで来る瞬間をカメラに収めようと構えていたら、「白線の内側にお下がりください」…と駅員さんに拡声器で警告を受けてしまいました。そう、わたしが立っていた場所は、どうやら立ち入り禁止場所だったもよう。雪が積もっていたので、白線も黄色い線も見えなかったのです。あぶない、危ない…
d0021488_17132363.jpg

……そんなわけで… 高尾に戻ったら、天狗さんにニラまれてしまいました。(笑)
d0021488_20453086.jpg

[PR]

by osanpocamera | 2006-01-25 17:05 | 高尾 | Comments(0)

初詣

d0021488_13502979.jpg今年も初詣は高尾山へ。高尾山の薬王院には、年に一回は必ずお参りすることにしています。じつは、何を隠そう、いまのワタシの戸籍の本籍地は「高尾山」なのです。

ここで【本籍地】スタディ。
「本籍地」というのは、新しく戸籍を作る場合、どこにしてもいいのです。元の生まれたときの戸籍の本籍地とは関係なく、その時の住所地に関係なく、自由に選べるんですよ〜。未婚のアナタ、知ってましたァ?

結婚する時、本籍地をどこにしようか…ということになって、初めて二人で登った山が高尾山なので、そこにしましょう…ということになった。(住所地に近いし…。その方が戸籍謄本などの書類を取り寄せたりしないといけない時、何かと便利だし)

d0021488_13512032.jpg京王線の高尾山口駅から国道20号線を「高尾山口」交差点で右に曲がり、ケーブルカーの乗り場へ。ケーブルカーに乗ると、ビアマウントのある展望台までは楽々行ける。日本一の急勾配のケーブルカーは、やっぱり何度乗ってもスリル満点だ。

お正月の三ヶ日はやっぱり参拝客が多いらしく、ケーブルカーも満員の客をピストン輸送。

d0021488_13545498.jpg
↑社殿前には両側に「天狗」が立っている薬王院。
d0021488_13543319.jpg
↑「山伏」のみなさんも集結。
d0021488_13552764.jpg
↑境内には狛犬も3ペアがあって、〈収穫有り〉の感が…

d0021488_14123114.jpgで、何と言っても高尾山での楽しみは、ここのおやき!(210円) 甘過ぎない「つぶあん」と「野沢菜」の2種類があるけど、どっちもおいしいです! 薬王院へ向かう途中で売っていますが、諏訪で食べたおやきより、ずっと美味。

あと、ビアマウント横の売店で売っている「甘酒」(300円)も。冷えた身体を温めてくれます。

…って、楽しみは食べ物ばかり!? 


いえいえ、一番の楽しみは、高尾山の頂上から霊峰・富士が見られたことです。夕日が落ちる瞬間のドラマをじっくりと眺めることができて大満足の初詣でありました。大願成就まちがいなし! 帰りは「夜景」のおまけつき。
d0021488_14311893.jpg

[PR]

by osanpocamera | 2006-01-04 13:52 | 高尾 | Comments(0)