カテゴリ:山( 7 )

南アルプス・悪沢岳に登る

d0021488_08011207.jpg
▲PHOTO:2017/09/08 悪沢岳頂上手前付近

この夏、念願だった南アルプス南部の山、日本百名山のひとつでもある悪沢岳(標高3,141m)に登った。
この山には、どうしても登りたい理由(そのワケは長くなるので、また別の機会に)があった。

アプローチの長い南アルプス南部の3,000m峰に登ることなど、夢のような話…と思っていた。そんな悪沢岳に、登山の拠点となる静岡県大井川上流の椹島(さわらじま)から、さらに上まで車で移動してから登山をスタートさせる…というツアーがあることを知り、このコースなら今の自分でも十分登れる!…と、夫に相談したら「いいよ!」という嬉しい返事をもらい、一も二もなく申し込んだ。

当初は8月27日に出掛ける予定だった。しかし、8月7日に右足薬指を骨折してしまい、びっこを引いた足ではトレーニングもままならず、ツアーは参加するのは無理か…と半分あきらめかけていたところ、ツアーの申し込みが多く、9月にも追加で同じコースのツアーが組まれるという幸運。8月の分はキャンセルし、9月の方に延ばしてもらい、8月の間は、ひたすら足が治ることを祈っていた。

怪我をしてから、ちょうどひと月経った9月7日には骨折の痛みも和らぎ、出発10日前の整形外科の先生の「行って来てください」の声に励まされ、無事に出掛けることができた。3日前に高尾山に登った(この時には、まだ少し、痛みが残っていた)きりのトレーニングに多少の不安もあったが、下山するまで右足が痛むことなく、無事に登って来れたのはラッキーというしかない。


                   *


登山前日の9月7日に新宿を朝8時に出発。バスに揺られて8時間(途中、何度か休憩)、静岡県大井川の上流の椹島(さわらじま)のロッジに着いたのは、午後4時のことだった。

翌朝は朝食が5時、そして6時にはデリカに乗ってロッジを出発。途中、車は椹島から歩いて行く人を追い抜いて行く。

d0021488_08141369.jpg

そんな自分たちが、安直で狡い登山をするような後ろめたさにも似たようなものを多少感じながら、車に1時間半揺られ、登山をスタートさせたのは7時半頃、標高2,300m付近からだった。

スタート地点手前の標高2,140mの見晴し台からは、赤石岳と悪沢岳がよく眺められた。この時は雲がかかっておらず、どちらの山もよく見えて、二つの岳の間にある赤い屋根の荒川小屋も肉眼で見ることができた。
d0021488_07593783.jpg
▲見晴し台から眺めた赤石岳(3,121m)

d0021488_07582261.jpg
▲同じく見晴し台から眺めた悪沢岳(3,141m)

d0021488_07324832.jpg
▲千枚岳(2,880m)にて

d0021488_07550110.jpg
▲千枚岳山頂にあった三等三角点。その向こうに悪沢岳手前の丸山が見える

d0021488_07320576.jpg
▲千枚岳を過ぎて悪沢の頂上が見えたあたりでは青空も広がる。右手前はガイドのSさん

d0021488_08142407.jpg
▲千枚岳から丸山までの間は、お花畑が広がる

d0021488_22230971.jpg
▲悪沢岳山頂手前の地点では巨岩があったり、赤石山脈たるゆえんの赤い岩がゴロゴロ


あいにく天候は曇りで、悪沢岳の頂上に着いても雲に隠れて周りの山は一切見えず、期待していた360度のパノラマは望むべくもなく、とても残念でした。

d0021488_08254491.jpg
▲悪沢岳(3,141m)山頂にて(千枚小屋で買った悪沢岳Tシャツを着て)

d0021488_07325696.jpg
▲背中のオコジョのイラストがかわいい悪沢岳Tシャツ

でも、雨に降られること無く登頂出来たし、千枚小屋から富士山が眺められたのが、せめてもの慰めでした。雨に降られなかったので、それで良しとしなければなりませんね。

d0021488_07283191.jpg
▲千枚小屋の前からは富士山が見えた

添乗員さん含め、総勢14名にガイドの方が3名。その点では、とても手厚い、恵まれたツアーでした。添乗員さんと3名のガイドの方々には本当にお世話になりました。無事に登って来れたのも、みなさんのおかげです。ありがとうございました。

ひと月前に右足薬指を骨折。そんなわけで、ツアーまでの間、ろくにトレーニングもできず、3日前に高尾山に登ったのがせいぜい。

登山前日の夜、宿舎では、よく眠ることができず、24時過ぎには目が覚めてしまい…。結局、睡眠時間は、たった3時間で登山に臨むことに。

そんな状況だったにも関わらず、事故も無く、無事に登って来れたのは本当に良かった。

[PR]

by osanpocamera | 2017-09-24 21:06 | | Comments(0)

草戸山

2016/10/14

高尾周辺でも、まだ登ったことのない山がたくさんある。友人のKさんと歩いた草戸山から梅の木平に出るコースは、気軽に歩けて気持ちの良い登山となった。

10:30=高尾・高乗寺で待ち合わせ
12:18=草戸峠
12:30=草戸山到着
13:35=梅の木平
14:10=高尾山IC
14:20=高尾山口 高尾599ミュージアム

写真で振り返ってみたい。

d0021488_21115730.jpg
▲ 草戸峠

d0021488_211392.jpg
草戸山は標高364m。約2時間の登山

d0021488_2112019.jpg
ここは東京都町田市で一番標高が高い場所

d0021488_18584950.jpg
アサギマダラがアザミの蜜を吸っていた

d0021488_20383832.jpg
下りの道


d0021488_18591552.jpg
d0021488_19133825.jpg
梅の木平
d0021488_19171449.jpg
この辺りではツリフネソウが群生していた


写真:2016年10月14日撮影




[PR]

by osanpocamera | 2016-10-17 21:17 | | Comments(0)

バスの窓から見える山

先週の金曜日は、中央道の高速バスの高山行きに乗って、一路、飛騨をめざした。
乗り場の八王子バス停からは、大岳山がよく見えた。
d0021488_1057396.jpg


新緑の中を走るバスの車窓は、フレッシュなグリーンでいっぱい!
d0021488_10571931.jpg


大月では期待通り、富士山が見えてヤッホー!な気分♪
d0021488_10572920.jpg


甲府盆地の真ん中では、南アルプス白峰三山が見えて、きょうもラッキー!
d0021488_10573923.jpg


南アルプス北部の山々も…
d0021488_1058331.jpg
d0021488_10581480.jpg
d0021488_10582215.jpg
右の尖った山は地蔵岳、左の山が観音岳。

八ヶ岳もしっかり裾野から見えて気分爽快!
d0021488_10583348.jpg


白い頂の山が見えてくると、わけもなく嬉しくなる。じっくり眺められないのが残念だけど、自家用車よりも高い視点で見られるバスの旅は、また格別だ。
[PR]

by osanpocamera | 2016-04-29 11:03 | | Comments(0)

いつも見ていた富士

高校時代は、毎日、こんな富士山を眺めていました。
これは山梨の、当時通っていた駅のホームから見える富士です。
d0021488_20392316.jpg

当時は、富士山が見えるのが当たり前でした。今、たまに富士山を眺められるとウレシくなりますが、見えるのが当たり前だった頃は、特に何ということもなく、感動することもありませんでした。

日常の大切なものも、失くして初めて、その大切さがわかったりするのと同じように、富士山が見えることも、毎日見えるわけでない今は、幸せなことであると思えます。

写真:2016/02/17 JR身延線常永駅ホームより撮影
[PR]

by osanpocamera | 2016-02-20 21:07 | | Comments(0)

小仏峠

昨日は初めて小仏峠を歩いた。
中央道の渋滞個所で、いつも挙げられる「小仏トンネル」の小仏峠。
その昔は、江戸から甲州への道のりで通っていた峠道だ。

途中のするさしの豆腐屋さんの辺りまでは散歩したことがあったけど、峠を登りきったのは初めて。夫は30年ぶりだと言う。高尾から相模湖までの道のりを、ふうふう、ひいひい言いながら(わたしだけね)も、なんとか登りきった。

この日のお天気は快晴! 前日には雪が降ったので日差しで水蒸気が上がり、地面からは湯気が出ていた。
d0021488_10283100.jpg

この辺りを歩いていた時はまだよかったが、だんだん山道に入って行く辺りから、だんだん身体がキツくなっていく。10年前は理想体重だったのに、今では体重が増えてしまって、身体が重いこと、重いこと。やっぱり体重を落とさないと山登りはラクになりません。理想体重までは6キロ減!が近々の課題です。
d0021488_10283277.jpg
途中、杉の林の中では、溶けた雪の雫が落ちて来たりして、帽子を被っていない夫の頭が濡れるのを心配したのですが、「想定内」だと言って全く意に介しません。ホントにタフな人だ。
途中で何度も、わたしの中の悪魔くんが「もう、疲れた!」「戻ってしまおう!」…と誘い、ラクな道へ引き摺り下ろされそうなりましたが、なんとかそれに勝って、頂上に着きました。
d0021488_112553.jpg

振り返ると、眺望が開けて都心が見えた! がんばって登ってよかった!
d0021488_1119417.jpg
中央からやや右寄りにスカイツリーも見える。この眺めは、がんばったご褒美♪
d0021488_10292950.jpg

頂上は、陣馬山、景信山、高尾山への分岐点でもあった。
d0021488_10294364.jpg

昔の人はここを通って甲州に行ったんだなぁ。
この場所からは相模湖の光る湖面が見えて、この先は下りだ!…と思うと足取りも軽くなった。お弁当やおやつを何も持たないで来てしまったので、この時間にはお腹が空いて、頭の中は「あったかい、お蕎麦」のことばかり…(笑)

下りの道を一気にかけ下り、ようやくアスファルトの20号(甲州街道)に出て、見慣れた道へ。日陰には、まだまだ汚れた雪が残っていた。
d0021488_1141829.jpg
相模湖の商店街もシャッター通りとなって閑散としていたが、それでも駅前には食堂が何軒かあって、ホッとした。ようやく見つけたお蕎麦屋さんに嬉々として入るわたしのことを「まるで小学生の遠足だね」と呆れる夫。
d0021488_11284150.jpg

わたしは「きつね」、夫は「たぬき」を頂きました。おつゆまで全部お腹に入り、完食! ごちそうさまでした。
帰りは中央線で。相模湖から高尾までの乗車時間は、わずか9分。峠道を歩いた時間は4時間! 
一生のうちの使える時間というのも、今と昔では違うんだなぁ。
[PR]

by osanpocamera | 2016-02-08 12:14 | | Comments(0)

行きは良い良い、帰りは…

きょうもまた、都心へ…
行きの電車の中から、また富士山を狙ってみた。
京王片倉駅が近づいてくると、わくわくする。

空が青空ではなかったので、映えないが、白い富士!
富士山が見えると、単純にウレシい!
d0021488_743441.jpg

夕方、帰りの時間には雲が出てしまって、隠れてしまった。
残念!
[PR]

by osanpocamera | 2016-01-22 07:45 | | Comments(0)

【昨日の富士】

昨日は一日、富士山も大荒れのようでした。
写真:2016/01/19
d0021488_20285943.jpg
▲京王片倉駅付近から
d0021488_20291119.jpg
▲京王線分倍河原駅付近から
d0021488_20292712.jpg
▲新宿住友ビル51階展望ロビーから
d0021488_20294881.jpg
▲京王片倉駅付近から
[PR]

by osanpocamera | 2016-01-20 20:30 | | Comments(0)