カテゴリ:散歩道( 4 )

すてきな標識

高尾駅北口で待ち合わせて、八王子城址辺りを歩こうとKさんと出掛けたのは3日前の19日。
高尾の緑も、いよいよ本番に。いまがイチバンいいときかも。

d0021488_11494257.jpg

道中で目についたのは、こんなGoodな標識▼

d0021488_11462334.jpg

▼コレなんかも判りやすくて、楽しくて、いいよね!

d0021488_11461448.jpg

▼この看板の先には、本当に見晴らしのいい場所で、最高の景色が待っていました!

d0021488_00003034.jpg

▼この「大六天」という場所。最新の地図にも載ってました。
景色がサイコー! 疲れも吹き飛んじゃいます。


d0021488_00002406.jpg

▼この先に見えるのは、恩方町に通じる川原宿

d0021488_00003471.jpg

この景色が見られるのも、あと数年。植林された木が大きくなったら、もう見えないね

d0021488_00003906.jpg

こんな標識があると本当にありがたいし、助かるね。設置してくれた人に感謝!




[PR]

by osanpocamera | 2017-04-22 11:55 | 散歩道 | Comments(0)

お久しぶり!

d0021488_17553929.jpg
先日、横浜を散歩していたら、思いがけず、なつかしい顔に出合った。

昔、サントリーのウィスキー・トリスの広告に出て来た、柳原良平画伯のイラストの、あの「オヤジ」さんである。

思わず、「あら、おひさしぶり!」と、思わぬところで旧知の友人にでも会った気分だった。
d0021488_1834055.jpg
ここは「三塔広場」という、横浜のみなとみらい線日本大通り駅近くの地下にある広場。3枚の壁画には横浜の景色が描かれていて、すべてに、このオヤジさんがいた。

神奈川県庁の「キング」。横浜税関の「クイーン」横浜市開講記念館の「ジャック」。この三塔を一望できるスポットをすべてまわると、願いがかなう…。


と、写真のこの赤い柱に書いてある。どうやら、この壁画に神奈川県庁、横浜税関、横浜市開講記念館が描かれているらしい。

たしかにこの場所から地上に出ると、一度にクラシックな建物をいくつも見ることができて、“おいしい”スポットでありました。

この日はたまたま、この近くでシンポジウムがあって出かけたので、ゆっくり回る時間はなかったが、今度時間がある時に、ぜひ「じっくり見学」といきたいところだ。
d0021488_1842571.jpg
あとの2枚の壁画。▲この絵に描かれているのが「キング」「クイーン」「ジャック」の『三塔』のよう
d0021488_18431935.jpg
[写真:RICOH GX200/2009年9月8日撮影/横浜市]
[PR]

by osanpocamera | 2009-09-10 17:55 | 散歩道 | Comments(4)

雨の並木通り

久しぶりに銀座に行きました。この時期、銀座でなくとも、どこもやっぱり華やいでいますが、並木通りのイルミネーションに派手さはなく、こじんまりとしてして、雨の歩道は落ち着く感じでした。
d0021488_22333194.jpg
きょうは都心に出かけたついでに、並木通りにある「空也」へ。ここの最中は一週間ぐらい前に予約しないと買えないので、気まぐれにフラ〜っと立ち寄って、買おうかな…といっても無理で、いつもお店の前を通り過ぎるだけでしたが、今回は予約をしていたんです。

以前、一時、この空也の隣のビルに入っていた小さな出版社で働いていたこともあって、ここはわたしにとって懐かしい場所でもあります。その会社は虎ノ門に移転してしまって、今はもうありませんが、エレベーターホールまで入ってみたりして、ちょっとだけ昔を懐かしんで来ました。

この通りも、昔はシャネルくらいだったのが、コーチ、ルイ・ヴィトン、ヴァレンティノ…だのの海外ブランドがたくさん入って、すっかり“ブランド通り”になってしまいました。(わたしは、そういったブランドにはまったく興味がないので見向きもしませんが)

そういえば、三越もリニューアルして、店内の雰囲気がガラリと変わっていました。以前は売り場の商品がひしめいていた感じでしたが、今は商品数を減らし、空間を広くとって、より高級感を演出している感じでした。

そんな中で『空也』さんは、お店の規模も佇まいも、以前と変わらず営業しています。なんとなく、ホッとする空間です。「変わる」ことも進化するという意味では必要なことなのかもしれませんが、「変わらない」ことも、同じくらい価値のあること…のように思えます。
d0021488_22261822.jpg

[PR]

by osanpocamera | 2006-12-13 22:26 | 散歩道 | Comments(0)

変わるもの、変わらないもの

d0021488_21354649.jpg地下鉄を表参道の駅で降り、地上に出たら、駅の表示がすっかり新しくなっていた。「営団地下鉄」が「東京メトロ」になってからは初めて来てみたが、オシャレなイメージにすっかり変身! 階段の壁・天井も近未来的な雰囲気にガラリと変わっていた。

いつの間に…と思っていたら、青山通り沿いにあった紀伊國屋スーパーも消えていた。どうやら高層ビルが建つらしい。また空が狭くなっていく。こうして、東京の街はどんどん変わっていく…

d0021488_2136714.jpgそんな中、昔と変わらない風情の看板も……(写真:2)。渋谷駅に向かって、宮益坂でみつけたこの古い看板には「はかり」「ものさしとます」「計量器 百貨」…なんてある。

この「日進堂 小川はかり店」さん、なんと3年前までは営業していたらしい。コラムニストの泉麻人さんも訪れていた。

この界隈、一時は毎日通っていたのに、当時はこの看板をまったく気にも留めなかった。あの頃、気になってお店を見ていたらなぁ…と残念に思う。どんな品揃えだったのか、今となっては知る由もない。今はこういう懐かしいモノには、すぐにアンテナが反応してしまう。

ビルの谷間に、そこだけ「昭和」が残っている…そんなタイムトリップしたような錯覚に陥る場所である。なんとか消えないで、このまま残っていてほしいと思う。
[PR]

by osanpocamera | 2006-01-30 21:36 | 散歩道 | Comments(0)