<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ご当地ポスト

d0021488_1332344.jpg
左はJR奈良駅前にあったポストです。普通のポストの上に民家のミニチュアを乗せたような形で『大和路おもいで発信ポスト』とあり、その下に『世界遺産に学び、ともに歩むまち-なら』と書いてあります。

右は奈良から京都へ行く途中にある宇治市のポスト。茶所とあって、コチラは「茶壺型」ポストです。市制施行50周年を記念して設置されたんだそうです。このポストに投函すると、手紙やはがきにお茶の香りが付いてくる…といいなぁ。
[PR]

by osanpocamera | 2006-10-09 01:39 | Comments(0)

台風の残骸

夕方5時の水道橋駅前。家路を急ぐサラリーマンや学生がごった返すなか、路上には骨組みが折れ曲がったりして、“ゴミ”と化したビニール傘が何本も放置されていた。ざっと数えてみたら16本! 折からの台風で強い雨風にやられ、使い物にならなくなってしまったものだ。

それにしても…、お役御免となったビニール傘を、平気でその場に棄て去る人のなんと多いことか! 簡単に作られて、簡単に棄てられる…、かわいそうなビニ傘。安く手に入り、急場をしのぐにはお手軽だけど、結局はゴミを作り出しているような気がする。

ビニール傘って、リサイクル…されているのだろうか? この後、誰が路上の傘を片付けるのだろうか? 清掃局の人? 今日一日だけで、都内では何百本?という数の傘が、きっと路上に打ち棄てられたことだろう。たった20mの間に16本…なのだから…、想像したら凄い数になりそうだ。
[PR]

by osanpocamera | 2006-10-06 21:57 | Comments(0)

なにも足さない なにも引かない

d0021488_21214770.jpgJR京都線に「山崎」という駅があります。数年前、偶然この駅を通ったときから、いつかこの駅に降り立ってみたいと密かに思っていた私でした。

ここ山崎には「サントリー山崎蒸留所」があるのです。『なにも足さない なにも引かない』このあまりにも有名なウィスキーの広告のコピーには、「唯一無比」的な印象があって好きです。言い換えれば“中身で勝負”みたいな……

数年前、日帰りの大阪での仕事の帰り、せっかくだから…と、京都までローカル線に乗ってみたのでした。そして、竹林の中に突然現れたサントリーの蒸溜所。駅名の「山崎」を見て、ウィスキーの名の由来に納得し、そのとき見た風景が忘れられなかったのです。

d0021488_2113694.jpg今回、奈良に行く機会を得たので、その帰途には京都にも泊まり、翌日の予定に、この山崎のサントリー蒸留所の見学を入れました。ココ、前もって予約を申し込んでおくと、おみやげももらえるんです。

山崎駅からしばらく線路伝いに歩くと、踏切の向こうにレンガの建物が見えてきます。これが山崎蒸留所です。

入り口で受付を済ませ、プリントしておいたインターネット限定の優待券を渡すと、早速、おみやげのグラスをいただきました。ここで手荷物はロッカーに預けて、手ぶらで楽々見学することができます。

ある程度まとまった人数を一人のガイドさんが先導し、見学が始まる。工場の入り口に立ったときから、なんとも言えない香りが漂ってきます。
d0021488_21145693.jpg
洗浄し粉砕された原料の麦芽を、山崎の名水で仕込み(温水と混ぜる)をする。すると糖化酵素のデンプンから糖分に変化し、豊かな味わいの甘い麦汁ができる。▲
d0021488_1542733.jpg
大きな木の桶で発酵させる。ここではフルーティーな香りが充満。▲
d0021488_21195785.jpg
蒸溜を繰り返すことにより、アルコール分約70%の無色透明のニューポットが生まれる。▲
d0021488_2119595.jpg
銅でできた蒸溜釜の形もさまざま。それによって味も変わるという。美しいポッドスチルが並ぶ。▲
d0021488_21342551.jpg
蒸溜されてできたニューポットは、樽に移され、寝かされる。倉庫の中の温度調節はいっさいせず、自然のまま置くのだという。熟成させる地の気候により、味も特徴あるものに変わる。「山崎」もこの地ならではの味なのだ。▲
d0021488_21345897.jpg
 右は熟成4年の樽。左は12年。年々、色も濃さを増してゆくが、水分も樽を通して蒸発するという▲
d0021488_21372532.jpg
自分の生まれた年の樽を見つけた! ここでずっと何年も眠っているのね〜 もう、かなり濃くなっているのかも!?(笑)▲

d0021488_1181488.jpg見学コースの最後には、ウィスキーの試飲をさせていただくことができました。車で来場の人、あるいはアルコールが飲めない人はジュースをいただけます。

試飲したのは12年モノの「山崎」と、この「響(ひびき)」の二種。ストレートではなくて、水割りと炭酸水で割るハイボール。お味の方は、人それぞれ好みがあるでしょうが、わたしはやっぱり「山崎」の方が際立っていると思いました♪ 

見学を終えての感想は、とってもタメになったし、楽しかった。サントリーさんは企業として、かなり努力をされているなぁ…と思いました。広くて、清潔で美しいココの蒸溜所は、何度でも訪れてみたい場所です。今度は「白州」にも行ってみたいっ!

d0021488_10443661.gif◎いま、サントリーでプレゼントキャンペーンやってます!
クイズに答えて全問正解すると、応募できますよ〜
(右の画像をクリックするとキャンペーン画面に飛べます。 クイズはプレミアム・モルツについて)
ベビーボトルセット、当たるといいなぁ… (^〜^)
[PR]

by osanpocamera | 2006-10-01 21:10 | | Comments(0)