<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大雨の爪痕

先週の大雨では八王子の被害状況が報道されたため、いろんな方から電話やらメールでご心配をいただきました。被害のあった場所は、うちにも近い場所ですが、幸いわが家は高台の平らな場所にあるため、庭に水たまりができたくらいで特に被害はありませんでした。ご心配いただいたみなさま、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

きょうは、被害のあった場所のその後が気になるので、歩いて行ってみることにしました。
d0021488_16581448.jpg
テレビで報道された場所はだいぶ片付いていましたが、大雨の爪痕は、まだまだたくさん残っていました。ここは報道された被害のあった場所の上流に位置する所。支流の沢もかなりの水量だったとみえて、この川に合流する部分の堰堤が壊れていました。
d0021488_1735428.jpg
昭和10年に架けられたこの小さな古い橋はなんとか無事でしたが、欄干のコンクリートが剥がれていました。そして橋の位置に敷かれていたアスファルトが大量の水で剥がれ、押し流されて移動していました。写真のこのお宅は床上浸水し、まだ後始末が終わっていない様子でした。
d0021488_16363890.jpg
近所にある霊園の犬猫墓地を見に行ったら、土砂が流れて、ご覧のようなありさま!
d0021488_1636367.jpg
このように土に埋もれてしまった墓石がたくさんありました。お墓の持ち主は、おそらくご存じないに違いありません。報道されないけれど、このような被害は、けっこうあちこちであったのかもしれません。合掌。

ここの霊園の被害はこの犬猫墓地の部分だけで、近くを流れる川の反対側にある一般の墓地の方は、被害がなかったようです。
[PR]

by osanpocamera | 2008-08-31 16:36 | 高尾 | Comments(0)

風鈴ツリー

d0021488_6135753.jpg
このところ、雨天が続き、すっかり涼しくなりましたが、みなさま、いかがお過ごしですか?

納涼気分になるには時機を逸してしまいましたが、この夏の思い出を紹介。

今月初め、銀座に出かけたら、「和光」のディスプレイは改装中のためお休みでしたが、そのすぐ近くのミキモト本店の横を通ったら、思わずカメラのレンズを向けたくなるこんなディスプレイがありました。

特に名前はなかったように思いますが、たくさんの風鈴を吊るしてできたこれを、勝手に【風鈴ツリー】と呼ばせていただきます。

〈風鈴〉といえば夏の風物詩ですが、〈ツリー〉といえば〈クリスマス〉。〈クリスマス〉といえば〈12月〉。そして〈12月〉といえば〈冬〉ですよね!(思わず涼しくなる連想…)

というわけで、涼しげなこのツリー、暑い銀座の街も、この場に立てば思わず涼しい風が吹く気分になる、というものです。

ここ銀座ミキモトのディスプレイは、和光のそれのような派手さはないものの、すっかり銀座の名物です。いつも季節を感じる飾り付けがされていて、銀座の街を歩く時、必ず足を止める場所です。

ここのディスプレイの制作担当者、どんな方なのか、一度取材してみたいものです。

[写真:2008年8月6日撮影/camera:RICOH GX200]

ミキモト http://www.mikimoto.com/
[PR]

by osanpocamera | 2008-08-24 06:16 | 風景 | Comments(3)

まさか!のカボチャ、大収穫

d0021488_1626201.jpg
この夏、庭の一坪菜園から芽が出たカボチャは、あれよあれよ…という間につるがどんどん伸び、まるでお化けのように増殖し、庭を埋め尽くした。(写真1・2)
d0021488_16452021.jpg
庭に植えてあったアジサイやブルーベリーなど、なんにでも絡み付き、占領された感があったが、かなり大きくなったので、本日、とうとう収穫することにした。
d0021488_16495076.jpg
ナイフを入れてツルとさよならさせた後、玄関前に並べて記念写真を撮る。♪〜(写真4)
d0021488_16263819.jpg
重さを量ってみたら、大きなものは直径22センチで2キロ以上も! 写真:右から2キロ強、2キロ弱、1キロ、500グラム…という順。我ながら、大したもんだ…と悦に入る。

思えばこの一坪菜園、栄養たっぷりの土なのだ。野菜屑はもちろん、牛糞、油かす、くん炭、前の家(借家時代の)の庭の掃き溜め…などなど、いろんな肥やしがタップリ混ぜ込んである。

ここの地盤は堅い岩盤で、掘ると岩や石がゴロゴロ出て来て、とてもそのままでは何かを植えることはできない。堅い土にスコップを入れ、石を取り除き、まるで肩のコリをもみほぐすようにして柔らかい土にした。そこへ栄養を与えた“自前”の土なのだ。ホームセンターなどに売っている野菜や花用の土などはいっさい加えていない。野菜作りというのは、つくづく「土作り」に他ならないということを実感。

ところで、このカボチャは、もともと種から自分で植えたものではなかった。ひょうたんから駒…というようなもの。

種は、おそらく前の家での掃き溜めに交じっていたと思われる。…というのも、昨年実家からもらって来たカボチャのうちの一つを、食べる時期を逸してしまい腐らせてしまったことがあって、庭の隅に放っておいたのだ。

引っ越しの時に、前の家の庭で、むしった草などを溜めておいた掃き溜めを片付けようとしたら、ミミズちゃんがいっぱい出て来たので「これは肥やしになる!」と確信。そして、それを新居の庭に埋めたのでした。影も形もなくなり、すっかり土に還った腐ったカボチャ…

おそらく、そのホカしておいたカボチャが、今回収穫したこのカボチャたちの「親」だろうと思われます。決して種を蒔いたわけではなかったけれど、いくつも芽が出て、やがて大きくなった三つの芽から成長したつるについたカボチャたちでありました。

実家の母には申し訳ないが、しかし、ひとつのカボチャが一年で5倍になって返ったことになる。まるで利息がついたみたいだ。

……って、行き当たりバッタリの野菜作りだけど、「アノかぼちゃ、アノ時、ゴミに出さなくてよかったァ…」と、ささやかな大収穫に喜ぶ夏の日でありました。

めでたし、めでたし…

[写真1・2・4/camera:RICOH GX200]
[写真3/camera:Canon PowerShot SX 100 IS]

[PR]

by osanpocamera | 2008-08-13 16:20 | Comments(6)

情熱の塊

尊敬する自然界の報道写真家である宮崎学さんが、今夜のTBS『情熱大陸』に出演される。4ヶ月もの間、朝から晩まで取材スタッフにカメラを向けられ続けたその結果が、今夜、見られるという。

もし、テレビをつけているなら(つけていなくても、ぜひ、スイッチ・オンにして)、みなさんにも、ぜひ、ご覧いただきたい。
d0021488_2049257.jpg
▲TBS番組ホームページより

じつは宮崎さんは、夫と私を結びつけてくれた縁結びの神様…でもある。宮崎さんの「ひと言」がなかったら、私たちは、♪見知らぬ二人のまま…だったかもしれません。

情熱の塊のような写真家・宮崎学さんを、これまた〈情熱の塊〉のようだったという番組スタッフがどのように捉えるのか、大いに楽しみであります。

情熱大陸http://www.mbs.jp/jounetsu/
宮崎学写真館【森の365日】 http://www.owlet.net/
[PR]

by osanpocamera | 2008-08-10 20:34 | Comments(1)

バーチャル散歩

昨日、いつも送られてくるメルマガで知ったのですが、Google Mapの「ストリートビュー」が日本でも公開されましたね。

まずは、東京/大阪/京都/神奈川/千葉/埼玉/北海道などの主要都市から公開するらしいですが、自分ちの住所を番地まで入力してみたら、なんと建築中の我が家が映って、びっくり!

そこで、昔住んでいた阿佐ヶ谷のアパートが、今どうなっているんだろう…とその辺りをクリックしてみたら…

映りました! まだ、あの建物は残っていたのね〜…と感激。

何年か前に訪れたときには、改装して個人の住宅となっていましたが、その後、改築されることもなく、まだそこに在りました。ただ、大家さんだった近所の工務店は取り壊されて、駐車場になっていることが判明。

いやはや、すごい時代です。モニター上で、バーチャルにお散歩ができるんですから。

ちなみに「高尾駅」で入力すると、北口の高尾駅前が映りました。
d0021488_17594034.jpg
これ、いちばん喜んでいるのは、不動産業者じゃないでしょうか。自分たちで撮影に出向かなくても、物件の住所をパソコンに入力すれば、お客さんにその家と周囲の環境までをも見てもらえるのだから。

首都圏はいまのところ、下の画像の青い部分が網羅されています。
d0021488_1841056.jpg
しかし、これには賛否両論あるでしょう。

ここでもいろんな意見が… 
CNET Japan
http://japan.cnet.com/panel/story/0,3800077799,20378605-10001144,00.htm#answer

[PR]

by osanpocamera | 2008-08-07 17:03 | Comments(0)

iPhone 狂騒曲

d0021488_8345771.jpg
話題のiPhone3G をヨドバシカメラ八王子店で、先日、あっさりと購入した。

発売初日の7月11日には、表参道に1,500人も並んだというからびっくりするが、そんな思いをしなくても、ちょっと待てば手に入れられるというものだ。(7月中はどこへ行っても「入荷待ち」でしたね)

このiPhone、デザインはさすがにアップル!と思わせるほどにシンプルで無駄がなく、本当にすばらしい! 

手にした感じは携帯電話というより、やっぱり『iPod』だ。感覚的に行える操作は、使っていて心地良い。

だが、しかし…

メールのアカウント設定やアドレスの変更など、デフォルトの設定からの移行がうまくいかず、何度もソフトバンクのお店に寄っては設定し直してもらうなど、振り回されている。受信はできたけど、送信ができない…等々、トラブル続き。

今度ダメなら、初期不良も考えられる…とのこと(ナイショですが、けっこうあるらしい)。そうしたら本体交換ということになり、せっかくそれまでに入れたアドレスブックも画像も曲も、何もかもが全部入れ直しだ。これまでにかかった時間も水の泡と消えることになる……

それに肝心カナメの電話の機能は電波の受信が通常の携帯より弱く、悲しいかな、自宅では「圏外」となってしまう。アァ、レ〜〜〜

近所の見晴らしのいい場所に移動すれば、なんとかレベル1か2くらいになるのだが…

文字入力もフツーの携帯の方が良いような気がする。指が太い人は、けっこう苦労するだろう(文字入力するのに便利なペンもヨドバシに売っていましたが)。

これじゃ、普通の携帯プラス iPod touchを持つ…という方が、よっぽどいいような気がする。携帯をしばらくの間、持っていなかった私としては非常に残念。

お願いです。電波の受信機能をもっと強化してください、アップルさん!

とはいえ、GPS機能やYouTubeの画像がボタン一つで見られたり、iTunes Storeで楽曲が購入できたり(これはiPod touchでもできる)、と、無線LANなどの環境が整っている場所では最高に便利だ。

私が買った理由は、これから、もっともっと普及するであろうiPhoneやモバイルでのWebサイトの見え方を確認するためだ。とりあえず、それは果たしているので、少々のことは目をつぶる…しかない。
d0021488_8341567.jpg
パッケージデザインも手抜かりなし! 箱はずっと、とっておきたい。

関連リンク[Apple] http://www.apple.com/jp/

[PR]

by osanpocamera | 2008-08-07 08:34 | Comments(4)