<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ノラの眼差し

d0021488_21571232.jpg
ここは町田街道沿いにある、お寺の境内。蓮がきれいに咲くことで有名なお寺なのだが、境内の山門近くの石の上に、じっとしている猫が一匹いた。

眼光鋭く、まさしく野良猫の眼差しだ。じっとしてこちらを伺うように、身動きひとつしなかった。

寺の方によれば、境内に捨てられていた猫なのだという。追い払うわけにもいかず、寺の職員が仕方なく、餌をあげているそうな。

もともと寺に飼われている猫もいるのだが、こちらの方は動きも優雅に、シャナリ、シャシャナリと本殿の廊下を歩いていた。

しかし、この猫は「こちとら、ノラの身。」…と、わきまえているかの如く、じつに遠慮深く、思慮深く、じっとしているのであった。

[撮影地:町田市大戸・円林寺/camera:Canon EOS 20D, lens:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC]
[PR]

by osanpocamera | 2008-09-22 21:59 | ねこ | Comments(0)

渋谷の守護神

d0021488_1617476.jpg
東京・渋谷の駅前です。ご存知、忠犬ハチ公像も、クリーン作戦に一役買っています。

ハチ公も、今や、渋谷を代表する顔…であります。“待ち合わせのシンボル”から、渋谷の“守護神”となりつつあります。

駅前にはガラスで囲まれた喫煙コーナーが出来ていて、「分煙しましょう」というキャンペーンなのだろう。銀座などと違って、ただでさえゴミゴミした雰囲気の街を、なんとかクリーンなイメージに変えようという作戦だ。

d0021488_16372354.jpg祭りのノボリも渋谷という街にはそぐわない気もするが、こんなノボリがあるだけで、まちの雰囲気はガラリと変わる。商店街の振興組合の方々も力を入れているとみえる。

この日は、ちょうど共産党の志位さんが、スクランブル交差点のすぐ脇で街頭演説を行っていた。

演説の後、若者とのトークも行うらしく、若者の街・渋谷で、若い世代にアピールしようという展開だ。若者だけでなく、年配の人も集まって、老若男女、けっこう人だかりができていた。政治が変わってほしい、政治を変えてほしい…と思う庶民が多いということの象徴だろう。

政治と同様に、渋谷のまちもこれから変わってゆくのかもしれない。

[写真:2008年9月9日撮影/camera:RICOH GX200]
[PR]

by osanpocamera | 2008-09-20 16:20 | こま犬 | Comments(2)

お店番

d0021488_415396.jpg
お米屋さんの軒先で、お店番をする猫ちゃん。
d0021488_4111639.jpg
近づいてよく見ても、やっぱりかわいい! 「ん? おきゃくさんかニャ?」
d0021488_4113365.jpg
「おきゃくさんですよ〜」と一啼きすると、奥からおばさん登場!
本当にお店番をする猫ちゃんでした。お仕事、ごくろうさま!

[写真:2008年9月6日撮影/camera:RICOH GX200/岐阜県飛騨市神岡町にて]
[PR]

by osanpocamera | 2008-09-19 04:15 | ねこ | Comments(4)

お気に入りマンホール

全国のマンホールのフタ、じつに様々なデザインのものがあって驚きです。これって、「マンホールデザイナー」なる職業の人もいるってことですよね。直径50センチ程の円の中に、それぞれの自治体の特色を表現する…というのも、制約もあって難しいだろうけれど、楽しい仕事だろうな。

どうせなら、味気ないものより楽しいデザインのフタが路上にある方がいいですね。
…というわけで、これまでに見つけた秀逸デザインのマンホールを公開!

d0021488_14203132.jpg
これは奈良市でみつけたマンホール。奈良らしく、鹿と桜がモチーフ。派手な色は使わず、慎ましい色使いは、古都ならでは。
d0021488_14204590.jpg
立川市のマンホール。市の花の「コブシ」がモチーフのデザイン。色もいいですよね!
d0021488_14205717.jpg
前にもアップしたことがあったかも…。多摩動物園のカラーマンホール。子どもが読むことを考慮して「たまどうぶつえん」とひらがなで。
d0021488_1421933.jpg
渋谷の路上のマンホールは、路面に溶け込むデザインでした。これはこれで、オシャレ〜
[PR]

by osanpocamera | 2008-09-15 14:21 | マンホール | Comments(0)

おもしろマンホール

d0021488_0101028.jpg
わたしの数あるPhotoコレクションのひとつに、マンホールのフタがある。知らない土地で風景以外にも路上観察で、つい目が行くのはマンホールである。旅先の路上で、おもしろいデザインを見つけたときは、これは、もう、たまりません。

写真は、先週出かけた岐阜県飛騨市神岡町(旧・吉城郡神岡町)の汚水のマンホール。
[iPhoneのカメラで撮影]

発見したときは「なんてかわいい!」と思いましたよ。

このマンホール、山と川と、神岡町のイメージキャラクターである魚「ちんかぶ」をデザインしたものということです。チンカブとは、地元では「カジカ」のことだそう。

撮影したのは夜だったので本当の色が分りませんが、今度行ったときは、明るい時間に、ちゃんと撮っておこうと思います。


◎全国のマンホール写真を集めたサイトをみつけました!
「マンホール友の会」なんていうのがあるんですねぇ…
マンホール図鑑 http://www6.airnet.ne.jp/manhole/zukan/main.html

◎ここは都道府県ごとに一覧になっていて見比べやすい!
マンホール写真集 http://homepage2.nifty.com/s-oki/manhole.htm

◎『路面の宝石たちよ!』というサブタイトルがすごい!
マンホールミュージアム http://www.secret.ne.jp/~manhole/guild/museum/
[PR]

by osanpocamera | 2008-09-14 00:09 | マンホール | Comments(0)

ひまわり畑

d0021488_5513677.jpg
一面のひまわり畑である。ここは長野県松本市新村の休耕田。

岐阜からの帰途、国道158号線を走っていたら、いきなり黄色い色の洪水が目に飛び込ん来た。

ここに植えてあるひまわりは、景観形成作物として開発された「ハイブリッド・サンフラワー」という種類だそうで、大きくなっても丈は150cm前後のようです。どうりで、畑の中の人が見えるわけです。

思わずクルマを降りたくなってしまいましたが、仕方なくそれは断念。窓を開けて撮った一枚です。

ウ〜ン、わたしもひまわりの中に埋もれてみたかった…
[PR]

by osanpocamera | 2008-09-07 06:02 | 花・木 | Comments(2)