<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

★☆柿

最近、この歳になって初体験を二つした。ひとつ目は柿採り。これまで体験したことがなかった…とは、自分でも意外。

吉祥寺に住み、藤野に畑を持つOさんからのお誘いに、二つ返事で夫と出かけた先々週の土曜日。朝から畑に出ていたOさんは、行ってみると、既に川沿いの崖っぷちに立つ柿の木に、ひとりで登っていた。

たわわに実るおいしそうな柿の収穫は、危険を伴う作業だった。ハラハラしながら、私は落ちた柿を拾う係。命綱を身体に付けながら柿を採るOさんと、それを手伝う夫。わたしはそれを見守る…という構図でした。
d0021488_2127562.jpg
それにしても、コレ、おいそうな柿でしょ? 渋柿なんですが、なかにはジュクジュクになったのもありまして、そういうのはトロリと甘〜いのです。こういうのがわたしは大好きでありまして…、なんともうれしくて、採取の苦労も吹き飛ぶというものです。
d0021488_21344875.jpg
家に持ち帰ってからは、またもう一仕事。皮むきが待っています。干し柿を作るのは、じつは今回が初めて。というわけで『初体験』の二つ目は「干し柿作り」だったのです。
ヘタを取り、皮むきをし、紐に通して干す。けっこう面倒な作業であります。皮むきはひとりでしましたが、紐に通して干す作業は夫も手伝ってくれ、3時間程の作業でした。終わったときには、なんともいえない達成感。やったぁ!
d0021488_21273839.jpg
どうです? この光景。わが家の前を通り過ぎる方たちが、軒下に吊るされた干し柿を見て、口を揃えてこう言うのです。

「おいしそうですねぇ…」

うん、自分でいうのもナンですが、本当においしそうです。干し柿が大好物のわたしとしては、これ以上のヨロコビはありません。毎日、窓の外を眺めてはニヤニヤしています。

お正月の頃が今から楽しみです(その頃は食べごろに)。干し柿は義父の好物でもあるので、新年のごあいさつは干し柿持参で…ということになりそう。またまた親孝行ができそうで、ほんとうにOさんには「感謝」です。

[写真1:RICOH GX200/RAWで撮影]
[写真2・3:Canon PowerShot SX100 IS ]

[PR]

by osanpocamera | 2008-12-19 21:27 | 食物 | Comments(3)

落ち葉

初冬の庭は忙しい。12月に入ってからは、毎日、庭や家の前の歩道に落ちた桜とグミの木の落ち葉を掃いていた。そうでなくても年末で忙しいのに。

つい2日前くらいに、すっかり葉が落ちてしまった庭の桜の木は、今はその骨組みだけを見せている。ただ、グミの木だけは、黄色く色づいた葉が、まだその枝先にしがみついて、少しずつ、少しずつ、毎日落ちてゆく。

落ち葉をホウキでかき集め、腐葉土にすべく、地面に掘った穴へ放り込む。落ち葉は、やがて栄養ある土になる。これも来年のための準備。庭のものはゴミに出すことはなく、全てのものが輪廻転生である。

静けさが訪れた庭は、もうすっかり冬支度だ。

d0021488_0545361.jpg
[写真:2008.12.8撮影/Canon Power Shot SX100 IS ]
[PR]

by osanpocamera | 2008-12-16 00:50 | わが家の庭から | Comments(2)

初霜

d0021488_11373843.jpg
今朝は東京でも初霜が降りました。
朝起きて、窓の外を見たら、地面がうっすらと白くなっています。

隣家のガレージの屋根も朝日に照らされ、キラキラ輝いていて、それはキレイな光景でした。

でも、日が昇るとあっという間に霜は溶けてしまい、地面の土もふだんに戻って、まるで夢から覚めてしまったかのような感覚に陥りました。

この冬に降りた初めての霜は、早起きした寒い冬の、ほんの一瞬のプレゼント…
そんな気がしました。
[PR]

by osanpocamera | 2008-12-15 11:37 | 自然 | Comments(2)