<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋桜

d0021488_9365955.jpg
この秋の大型連休が昨日から始まった。シルバーウィークとかいうらしいが、どこへ出かけても、きっと道路は大渋滞するだろうと思っていたが、案の定、その通りのようだ。

ちょうど一週間前、遅い夏休みで長野を旅した。信州の街道沿いは、どこもコスモスが咲いていて、もう、すっかり秋の風情だった。

黄金色になりつつある棚田の風景と秋桜は、秋色に染まった信州の思い出だ。
[写真:EOS 5D MarkⅡ・EF50mm F1.2 L USM/2009年9月15日撮影/茅野市]

(EF50mm F1.2Lレンズはモニターに応募して当選し、試用したもの)

[PR]

by osanpocamera | 2009-09-20 09:37 | 花・木 | Comments(2)

人工林

d0021488_13243363.jpg
昨日は新発売のカメラを披露するイベントがあったので、品川へ出かけていました。

品川駅の東口を出て、目的の場所までしばらく歩くと、ビルとビルの間の広場を木が埋め尽くしていて、まるで人工林の様相です。等間隔で植えられている木を見ていて思い浮かんだのが、北朝鮮の軍隊の行進。なんだか違和感を感じずにはいられませんでした。

新発売のカメラというのは、Canonの一眼デジ「EOS 7D」。CanonのAPS-Cマウントのカメラでは、これまでの最高峰です。

この日は鉄道写真でおなじみのプロフォトグラファー・山崎友也さんのセミナーがあるというので、早起きして行って来ました。
d0021488_13272427.jpg
このEOS 7D、動態予測の機能はすばらしく進化しているので、鉄道写真にはうってつけのカメラ…と山崎さんも紹介していました。スポーツシーンや動きのあるものを撮るのには、文句なしにいいカメラです。

実物にも触ってきましたが、持った感じもよかった。もうすぐ、店頭に並ぶでしょうが、わたしも5Dを買ってなければすぐに買いたいところです。
d0021488_1344657.jpg

[写真1:EOS 5D MarkⅡ・EF17-35mm F2.8L USM]
[写真2・3:EOS 5D MarkⅡ・EF50mm F1.4 USM]

[PR]

by osanpocamera | 2009-09-13 13:24 | 風景 | Comments(0)

ランタナ

d0021488_21145286.jpg
わが家の庭で咲いている、白い「ランタナ」の花。小さな、かわいらしい花の集合体だ。

ランタナはピンクや赤、オレンジ、黄色…と、いろんな色のものがあるけれど、白い花は、やっぱり清楚なかんじ。

[写真:EOS 5D MarkⅡ・EF 50mm F1.4 USM/2009年9月10日撮影]
[PR]

by osanpocamera | 2009-09-11 21:14 | 花・木 | Comments(4)

お久しぶり!

d0021488_17553929.jpg
先日、横浜を散歩していたら、思いがけず、なつかしい顔に出合った。

昔、サントリーのウィスキー・トリスの広告に出て来た、柳原良平画伯のイラストの、あの「オヤジ」さんである。

思わず、「あら、おひさしぶり!」と、思わぬところで旧知の友人にでも会った気分だった。
d0021488_1834055.jpg
ここは「三塔広場」という、横浜のみなとみらい線日本大通り駅近くの地下にある広場。3枚の壁画には横浜の景色が描かれていて、すべてに、このオヤジさんがいた。

神奈川県庁の「キング」。横浜税関の「クイーン」横浜市開講記念館の「ジャック」。この三塔を一望できるスポットをすべてまわると、願いがかなう…。


と、写真のこの赤い柱に書いてある。どうやら、この壁画に神奈川県庁、横浜税関、横浜市開講記念館が描かれているらしい。

たしかにこの場所から地上に出ると、一度にクラシックな建物をいくつも見ることができて、“おいしい”スポットでありました。

この日はたまたま、この近くでシンポジウムがあって出かけたので、ゆっくり回る時間はなかったが、今度時間がある時に、ぜひ「じっくり見学」といきたいところだ。
d0021488_1842571.jpg
あとの2枚の壁画。▲この絵に描かれているのが「キング」「クイーン」「ジャック」の『三塔』のよう
d0021488_18431935.jpg
[写真:RICOH GX200/2009年9月8日撮影/横浜市]
[PR]

by osanpocamera | 2009-09-10 17:55 | 散歩道 | Comments(4)

ゆく夏に

d0021488_0385548.jpg
♪ ゆく夏に 名残る暑さは 夕焼けを 吸って 燃え立つ 葉鶏頭…

ユーミンの『晩夏(ひとりの季節)』の一節である。

郊外の、畑が広がる農家の敷地の一角に、燃え立つように咲く赤い鶏頭が並んで植えられていた。この鶏頭の花、最近ではあまり見かけなくなったが、行く夏を惜しむかのような日中の暑さのなかで、ここでは、まるで存在を主張するかのように、目立って咲いていた。

それにしても、まだ「荒井」姓だったころのユーミンの表現力のすごさを思う。

『夕焼けを 吸って 燃え立つ』

という表現は見事だ。

この曲が主題歌になったドラマが、昔、NHKであったっけ。内容はあまりよく憶えていないが、ぶどう園が舞台だったこのドラマを、夏の終わりの夜に、実家の居間で見たことだけは記憶にある。

久しぶりに鶏頭の花を見て、この曲と、そのドラマを見ていた時の記憶が蘇った。

[写真:iPhone 3G/2009年9月6日撮影/八王子市]
[PR]

by osanpocamera | 2009-09-09 00:22 | 花・木 | Comments(2)

避暑地の趣

d0021488_9234060.jpg
ここは、どこでしょう? 長野県の、とある場所…ではありません。

じつはココ、うちの近所の大学のグラウンド!なんです。でも、周囲を山に囲まれて、どこか避暑地のグラウンド…といったかんじでしょう?

広い人工芝のグラウンドでは、アメフトの練習の声だけがこだましていた。

[写真:iPhone 3G/2009年9月3日撮影/八王子市]
[PR]

by osanpocamera | 2009-09-06 09:25 | 高尾 | Comments(0)