<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

優勝おめでとう!

あけましておめでとうございます。
新年の挨拶が今頃になってしまいましたが、年明けから忙しいこと続きでごあいさつが遅れました。

昨日は高校サッカーの決勝戦の日。国立競技場には、山梨代表の山梨学院大学付属高校の選手たちがピッチに立ち、見事、優勝しました。
d0021488_2225320.jpg

堅い守りで1点リードを守りきり、最後まで走り抜いた山梨学院イレブン、優勝おめでとう! 初出場で初優勝なんて、本当にすばらしい。

久しぶりに日テレで高校サッカーの準決勝、決勝の試合を見た。山梨学院大付属高校は、今、姉のところの甥が通っている高校だ。だから単に出身の山梨代表だからというだけでなく、国立競技場に甥も応援に立っていると思うと、こっちまで応援したい気持ちになる。

昨日の決勝戦には、姉たち親も国立競技場に応援にかけつけたらしい。決勝の舞台の応援なんて、人生の中で、そんな機会は、なかなかあるもんじゃない。

チームを率いた横森監督といえば、韮崎高(中田ヒデの出身校)、韮崎工業高などの監督として、長年、山梨のサッカー界に貢献してきた、なじみの監督だ。これまで、韮崎高時代に準優勝が3回。4度目の決勝進出で悲願の優勝を達成させた。
d0021488_2222154.jpg
【横森監督の経歴】
1942年(昭17年)7月27日、山梨県勝沼町(現甲州市勝沼町)生まれ。日川でサッカーを始め、日体大へ。68年に谷村工に赴任後からサッカーを指導。73年から韮崎を指揮し、75年にインターハイ制覇。14年間指揮した同校では、3回の準優勝を含め、5年連続の4強入りを果たす。89年から指導した韮崎工でも92年度大会で選手権初出場に導く。その後、同県サッカー協会理事長を務めながら、J2甲府の立ち上げにかかわり、昨年1月から山梨学院大付の監督に。(日刊スポーツサイト記事より)
ふるさとは、今頃、大いに盛り上がっていることだろう。試合を終えて山梨に戻った選手たちは、歓喜の渦に包まれて迎えられたに違いない。しばらくは優勝祝賀会など、学校側も大変だろう。

ただいま浪人中で予備校通いをしている兄(同校出身の)の方の甥も、母校のこの朗報には、どんなにか励まされたことだろう。今度の受験では、見事、桜が咲くのを期待し、ぜひ、この快挙と同じく「おめでとう!」といわせてほしいものだ。
d0021488_13362851.jpg
♪きみは〜 うつくしい〜 たたかいにやぶれても〜 きみはうつくしい〜
(写真3:青森山田高校 柴崎選手)
[PR]

by osanpocamera | 2010-01-12 13:20 | Comments(0)