<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

iPad

予約していたiPadが、3日前に届いた。いつもながら感心してしまうが、アップルの商品は外箱までシンプルで本当に無駄がない。そして、手にした本体の形態は、もっとシンプルだった。

iPadはパソコンというより、いろんな要素がいっぱいの、なんでもできる機器だ。B5ノートの大きさのこれは、まるで、どらえもんのポケットみたいだ。

iPhoneと同じくWebの閲覧、メール、写真アルバム、音楽を聴くことはもちろん、楽器にもなり、辞書でもあり…アプリさえ入れれば、いろんなことができるが、決定的に違うのは、その大きさ。画面の見やすさはiPhoneの比ではない。無料の産經新聞の記事も、このiPadならラクに読むことができる。そして、この中に“本屋さん”も入っちゃってる。

電子ブックの本棚には、デフォルトで1冊、『Winnie The Pooh』くまのプーさんの本があった。偶然にも、コレのアナログ本を持っていたので見比べながら見てみたが、イラストがカラーの電子ブッックの方が断然きれい。ページをめくるかんじもリアルで、紙の本のページをめくっている感覚だ。こんな技術、どうやって作るのだろう。不思議でしょうがない。

わずか13.4mmの薄さと680gの軽さは、どこにでも持って行ける。膝の上に置いて見ていると、なんとも愛おしい。こんなのが、病院の、それぞれの病室のベッドに備え付けてあったら…、入院患者はどんなにいいだろう。少し前に病院のベッドで横になっていたせいか、そんなことを思った。

この小さな板状の盤は、老若男女、手にした全世界の子どもからお年寄りまでを魅了してしまうだろう。

アップルストア銀座のシアターでは、最近、アップル製品やアプリケーションの使い方のレクチャーを受けに来る年配の方々の姿を多く見かけるようになった。以前では考えられなかったが、それだけアップルの製品が、一般の人々にも十分認知されていることを物語っているといえるだろう。
d0021488_1205356.jpg
写真は銀座・教文館書店で。発売前のiPadのガイド・特集本がズラリ、店頭に並べられていた。[写真:iPhone 3G/2010年5月23日撮影]
[PR]

by osanpocamera | 2010-06-08 11:01 | Comments(2)