<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

高原の朝

d0021488_7241560.jpg
もう1ヶ月も前の朝…なんだなぁ、と、写真の日付を見て思う。この写真は長野県のしらびそ高原の、朝の光景だ。

ここは標高1,900メートル。雲海を望みながら朝日が昇るのを眺めた。標高が高い場所だから、夏とはいえ、長袖だろうと思っていたが、朝方、ちょっと肌寒いかなと感じるくらいで、陽が出てからは半袖でぜんぜんオッケーだった。ここでも猛暑の影響か、標高を考えたら、本来なら半袖なんて信じられないくらいだ。
d0021488_7243660.jpg
ここでは、これまで見たこともない、「キベリタテハ」という蝶が飛んでいた。朝の冷気のなかで、一緒にいた仲間の指先に止まり、身体が温まるのを待っていたのか、じっとしていた。まるでベルベットの生地のような質感の、ステキな縁どりの衣装を身にまとった蝶だった。

[写真:RICOH GX200/8月22日撮影]
[PR]

by osanpocamera | 2010-09-22 07:24 | 自然 | Comments(0)

木造校舎

d0021488_833149.jpg
懐かしい木造校舎である。ここは、長野県南部の古くから遠山郷といわれる飯田市(元・南信濃村)にある旧・木沢小学校。閉校した後も、保存され続けている校舎だ。今はもうない、わたしの母校の小学校も、壁は黒くはなかったが、こんな感じの木造校舎だった。

d0021488_5405931.jpg
この校舎、今は地域の方々に管理されて保存状態も良く、中に入ってみることができる。廊下の壁には、どこもそうだったように日本地図。こんな光景、あったなぁ。

d0021488_5512536.jpg
教室の中には、これまた懐かしい木の机と椅子。うん、うん、小学校の低学年頃は、こんな感じだった。

足踏みのオルガンもあって、わたしもちょっとだけ、弾いてみた。昔はこういうの、ミシンと同様に足踏みだったんだよね。アコーディオンと一緒で、空気を送り込んで音が出るしくみだ。足踏みオルガンを弾くなんて、小学生以来。今も、こういうものが残っていること自体が驚きだった。鍵盤が、意外にも、小さく感じられた。

鉄筋コンクリート全盛時代が訪れて、こういった木造校舎のほとんどが潰され、無くなっていくなか、閉校した後もこのように保存されることは、卒業生や地域の人達にとっても幸せなことだと思う。

[写真:2010年8月22日撮影]
[PR]

by osanpocamera | 2010-09-18 08:03 | 自然 | Comments(2)

頭を雲の上に出し…

d0021488_7401070.jpg
富士山が見えるとワケもなくうれしくなるのは常だが、見えないところから、だんだんに姿を現す状況…というは、余計にワクワクするものだ。

この夏は富士を一度だけ見た。この時は雨続きの天気だったが、たまたま運良く、雲が切れて富士を眺めることができた。

♪頭を雲の上に出し…

まさに、この状況。
[写真:PowerShot SX100 IS/2010年8月8日撮影/山梨・丸山林道]
[PR]

by osanpocamera | 2010-09-18 07:39 | 自然 | Comments(5)