秋深し…

d0021488_19271211.jpg
まるで「ようこそ! いらっしゃいませ」とでも言うように、正面にかしづいている猫ちゃん。このところ、行く先々で猫を見かける。ここは、甲府市内の芸術の森公園。敷地内に山梨県立美術館&文学館があり、8haもある広い公園だ。

d0021488_2046487.jpg13日の日曜日はふるさと山梨へ---。県立美術館のすぐ隣にある県立文学館で、今月27日まで開かれている企画展「山の文学展 日本人 美とこころのふるさと」を観るためだ。

この県立文学館に入ったのは、わたしは今回が初めて。隣には回遊式の日本庭園があって、観覧のあと、語り合いながら散歩をするのもなかなか楽しい。池の周りの木々が鮮やかに色づき、秋の風情で情緒たっぷり…である。県立美術館に来たのも、もう随分(20年くらい)前のことで、そのころはこのような公園もできてなかったような気がする。

公園入り口の駐車場のイチョウ並木も黄金色に輝いていて、それは見事だった。今年の紅葉はぜんぜんダメ…という情報で山に紅葉を見に行くのはあきらめていたが、黄に紅に…と、町中でもきれいな紅葉を堪能することができて、すっかり秋を満喫した。
d0021488_20394951.jpg
この公園には人なつこく、かわいいネコが何匹もいたし、たくさんシャッターを押して大満足。行きの中央道・釈迦堂サービスエリアでは、大好物の「笹子餅」も買えたし、いろいろと“収穫”の多い甲府滞在でした。
(山梨県立文学館 http://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/)
[PR]

by osanpocamera | 2005-11-15 19:26 | ねこ | Comments(0)