人気ブログランキング |

「遺す」ことの意義

d0021488_89598.jpg連休の二日間,都内でウェブ制作のスキルアップ講習を受けた。会場となったのは中央区八丁堀にある「京華スクエア」。ここは旧・中央区立京華小学校の校舎を改修した建物だ。

玄関ドアを開け,中に入ると,そこがかつて小学校だったことがすぐにわかる。校舎に囲まれた狭いグリーンの校庭は,いかにも“都心の小学校”という感じだ。校庭の片隅には二宮尊徳像もあって,歴史ある小学校を彷彿とさせる。

竣工は昭和4年。関東大震災の後,頑丈な建物を…ということで鉄筋コンクリートで建てられたそうだ。平成5年に統廃合で京華小学校はなくなったが,校舎は有効利用されることになり,平成13年に「京華スクエア」としてオープンしたという。
d0021488_8284049.jpg
たとえ廃校になっても,こんな形で校舎が遺るなら,地域にとっても卒業生にとっても幸せなことだ。わたしの母校である小学校,中学校も統廃合されてしまったが,どちらの校舎も取り壊されてしまい,今は,もうない。小学校の跡地には,かろうじて石碑と二宮尊徳像が遺っているだけで,故郷に帰っても,懐かしい校舎を二度と見ることはできない。こんなふうに校舎が遺され,利用されるなんて羨ましいことだ。

d0021488_11293731.jpg校舎の中はきれいに改修されていたが,レトロな雰囲気は満点。

d0021488_8565817.jpg
“旧い”けれど素敵に改修されて新しくなった教室で,“新しい”ことを学ぶのは悪くない。

二日間の詰め込みは,わたしの頭の容量を完全にオーバーしていたが,なんとか反芻して覚えるしかない。でも講習を受けたおかげで,購入したCSS(スタイルシート)の本の内容も少しは理解できるようになった。

by osanpocamera | 2007-02-13 07:38 | 風景