どんど焼き

お正月飾りを焼いて、無病息災を祈る「どんど焼き」が、この前の日曜日、団地の自治会主催で行われた。わたしたちも正月飾りを持って、忙しい合間だが、公園に足を運んだ。
d0021488_14304713.jpg
こういう風習が、この辺りではまだ残っている。八王子は地方と都会の中間…ということを実感する。

餅つきをし、みんなでつきたてのおもちをいただく。甘酒や豚汁も振る舞われた。こういった行事を行うことは、地域のコミュニティー形成に大いに役立っていると思う。

いつもは餅つきにも参加するのだが、今年は遅い時間に出てきたので眺めるだけだった。

久々に前の住居でお隣だった方たちと言葉を交わす。すぐご近所でひとり暮らしだったお年寄りが、最近ホームに入居したことを知った。つい、4日前のことだった。

年が明けて、その方の家の前を通ったとき、ひと声かければよかったね…と夫と話した。奥様を亡くされて、「一周忌を過ぎるまでは、今の家でがんばる」…とおっしゃっていたとのこと。その方の、温和な笑顔が頭に浮かんだ。

今年も「無病息災」の一年でありますように。
d0021488_14315921.jpg

[camera:RICOH GX200/2009.1.11撮影]

by osanpocamera | 2009-01-15 14:16 | 高尾 | Comments(0)